不安障害の克服(治療)法

不安障害克服法

不安障害は強く、長期間の「不安(恐怖)」に悩まされる心の病気であり、大分類の総称になります。

症状をもっと具体的に見ると、「不安障害の種類」の通り、多くの症状があります。

不安障害の種類

2015.07.25

克服(治療)法は、それぞれの症状でかなり似ているものの、ひとまとめにはすることはできず、それぞれの症状に応じて、克服(治療)法は変わってきます。

それぞれの専門サイトに詳しく書きましたのでそちらをご覧ください。

不安障害の克服法

薬物療法と心理療法の2大治療

克服法は細かくいえば異なりますが、精神科・メンタルクリニック・心療内科では薬物療法と心理療法が中心です。

特に薬物療法がまず行われるのが一般的でしょう。
そして、心理療法では認知行動療法が主流です。

認知行動療法

認知行動療法はリンクのページで説明していますが、偏った「ものの見方(認知)」を修正するものです。

今のものの見方が苦しみを生んでいることを理解し、もっと合理的な考え方に変えるようにしていきます。

また、行動療法のアプローチは行動を変えることによって、ものの見方を変えることを目的としています。

たとえば、あがり症であれば、場数を踏むことで、恐くないことを覚えていきます。

認知行動療法は欧米でも主流の心理療法で、効果が認められており悪くない方法なのですが、個人的には非常にまどろっこしい思いを抱いています。

「もっといい方法があるのに!」と思います。

考え方はそう簡単には変わらない

恐怖症や強迫性障害では曝露療法(行動療法の1つ)が中心となりますが、正直かなり酷な方法で私ならやりたくない克服法です。

また、ものの見方(考え方)を変える認知療法も、視点はよいのですが、成功率が高いとは言えません。

なぜなら、考え方はそう簡単には変わらないからです。

「不合理であることは100も承知だけれどどうしても変えられない」というケースがとても多いのです。

いくら反証を並べたとしても、変わりません。

変わらないことはないのですが、かなり時間がかかります。

理性よりも感情が強い

なぜ考え方を変えられないかというと、そこにくっついているネガティブな感情があるからです。

恐怖があれば、その考え方を手放そうにも感情が邪魔して手放せません。

感情の方が合理的思考(理性)よりもよほど強いのです。

例を挙げてみましょう。

不安に悩まされている人をカウンセリングすると、「世界は危険なところだ」というビリーフがあったとします。

「世界は危険なところだ」と強く思っていれば、危険を避けるために必要以上に警戒します。
行動を起こすことも怖いでしょうし、不安も当然たくさん出てきます。

なので、この認知を変えることが必要になるのですが、その人に、

「世界は安全なんだよ。だって、○○だし、△△だし…」

と説得しても、なかなか変わりません。

行動療法であれば、強制的に世間の波に当たらせて、危険ではないことを体感させるわけですが、そもそも打たれ弱くなっているので、たまたま悪いことが起こると「やっぱり世界は危険だ」と、ビリーフを強めてしまいかねませんし、「世界は安全だ」と思えるまで過ごすのは時間がかなりかかります。

また、強制的に行動させることにもかなりハードルがあります。

なので、個人的には認知行動療法はあまり有効性が高くないと感じています。

「世界は危険なところだ」という強い認知が生まれたのは、過去にそういう体験をたくさんしたからです。

特に幼少期にそういう体験を何度か味わった可能性が極めて高いです。

不安障害にはEFTが有効

EFTは心理療法(セラピー)の一つで感情を解放するテクニックです。

「世界は危険なところだ」と思うきっかけとなった記憶にくっついているネガティブな感情をEFTで解放します。

すると、「世界は危険なところだ」という認知が、自然に緩むのです。

過去の特定の記憶を癒すのはMatrix Reimprinting(MR)というセラピーが最も手っ取り早いです。

ちなみに原因となった過去の記憶はあらかじめ分かっている必要はありません。
テクニックによって簡単に引き出すことが可能です。

結果、不安がぐっと少なくなり、体調も変わり、不安障害は克服できます。

不安障害には、EFTやMRが特に効果を発揮します。

第2世代の認知行動療法よりも第3世代の認知行動療法の方が効果が高いと感じていますが、それでもEFTやMRには効果と応用力の点でまったく適わないと思います。

こちらの記事もご覧ください

認知行動療法

2015.07.28

薬物療法

2015.07.28

TFT(思考場療法)

2015.07.28

EFT(感情解放テクニック)

2015.07.28

Matrix Reimprinting(マトリックス・リインプリンティング)

2015.07.28

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら