不安障害とうつ病との関係

不安障害とうつ病との関係

不安障害とうつ病は症状が全く違いますが、かなり関連しています。

不安障害を持つ人はうつ病にもかかりやすくなります。

但し、うつ病が不安障害に先行して発症することはまれです。
ほとんどがうつ病の前に不安障害が先行して起こります。

また、不安障害がうつ病と合併した場合は、うつ病そのものが重症化しやすく、慢性化しやすいと言われています。

うつ病とは

うつ病は、ゆううつという名前の通り、気分や意欲、判断力が低下する心の病気です。

気分が落ち込んだり、悲しくなったり、不安になったり、落ち着かない、イライラするなどの症状があります。

気分がひどく落ち込むと強く自分を責めたり、「死にたい」という気持ちも出てきます。

また、やる気がなくなって無気力状態になり、引きこもりがちになります。

物事に集中することができなくなり、注意力や判断力が低下します。

それに伴い、睡眠障害や、食欲減退、だるさ、疲れやすいといった身体の症状も起こります。

また、動悸やめまい、胸部圧迫感や頭痛、肩こり、口の渇き、息苦しさ、吐き気、腹痛、性欲の減退などもよく知られている症状です。

うつ病の原因は医学的にはハッキリしていません。

さまざまな原因が複合的に影響して発症すると考えられています。

うつ病の原因

原因と考えられているものは下記のとおりです。

  • 遺伝的要因
  • 養育環境
  • 脳の形の異常
  • 脳の神経伝達物質のバランス異常
  • 性格(生真面目で責任感が強く完璧主義者など)
  • ストレス
  • 副腎疲労
  • 心のエネルギーの枯渇

「うつ状態」と「うつ病」の違い

ここで大切なポイントが、「うつ状態」と「うつ病」の違いです。

落ち込みややる気があっても動けないという「うつ状態」だけではうつ病とは言えません。

現在の医療では、「うつ状態」であっても、うつ病と判断することが認められており、うつ病の薬である「抗うつ薬」が処方されます。

本来のうつ病は、うつ状態が悪化してそれが脳機能の障害にまで進んだものといえます。

うつ病になるとやる気が起こらず、ストレス源がなくなったとしても、回復までかなりの時間がかかります。

一方、何らかのストレスがあってうつ状態になったものは、ストレス源がなくなるとうつ状態は速やかに回復します。

これは、「新型うつ」や「適応障害」と呼ばれるものです。
「うつ病」ではありません。対処法が違うのでうつ病とは区別して考えるべきです。
また、継続的なストレスによって、ストレス・ホルモンが長期に渡って分泌され、その結果、ストレス・ホルモンを分泌している臓器である「副腎」が疲労する副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)による「うつ状態」の可能性もあります。

うつ状態であれば、通常の処方箋(投薬)は効果はありません。

投薬でストレス源(たとえば長時間労働やいじめ)は何も変わらないからです。

この時点での投薬治療は、逆効果だと私は考えています。

うつ状態のまま、適切な対処をせずに時間が経つと、今度は「うつ病」になります。

遺伝、養育的理由

うつ病に遺伝的要因や養育環境が影響してくるのは次の理由だと推測します。

遺伝的に不安やストレスに弱い人たちがいます。この遺伝子を持つ人は日本人の3分の2で見られ、特に3分の1の人がその傾向が強いと言われています。

そのため、元々ストレス耐性が弱く、ストレスの影響を受けやすいと言えます。

遺伝的要素よりももっと大きな影響を与えているのは養育環境です。

養育環境のほうが遺伝的要素よりも倍以上も影響が大きいとされています。

特に乳幼児のときに愛着が形成されていないとき、脳のオキシトシン受容体が十分に増えません。

オキシトシン受容体が十分に増えなければ、オキシトシンの分泌量が少なくなります。

オキシトシンは不安やストレス耐性に大きな影響を及ぼす物質です。

ストレス耐性が弱いと、ストレスの影響を受けやすくなります。

そのため、遺伝的要因、養育環境もうつの遠因となるのです。

性格的理由、複合的理由

性格もストレスによる影響にかかわってきます。

責任感が強すぎる人は、ストレスを流しにくくなります。

完璧主義な人は、がんばりすぎてしまうため、プレッシャーがかかった状態が続きやすくなります。
そのため、ストレスを抱えやすいのです。

遺伝的要素、養育的要素によるストレス耐性レベルと、資質・性格によるストレスの受けやすさ、そして、実際にストレスに直面し、そのストレスを短期間に解消できずにいることで、ストレスに対抗するストレス・ホルモンを生み出す副腎が疲労し(アドレナル・ファティーグ)、心のエネルギーも枯渇し、うつ状態になります。

このうつ状態が長引けば、「うつ病」になりかねません。

「うつ病」であれば、投薬治療が用いられますが、薬物療法で克服する場合は、それがメインの治療法であるとは受け取らず、あくまで休養がメインの治療法であると考え、薬はそれをサポートするものだと捉えるべきでしょう。

心のエネルギーの枯渇であれば、ゆっくり休みエネルギーを補充することが最善となります。

身体が「休みなさい」と言っているわけです。

また、原因になっているストレスを解消する試みが必要になります。

ストレス・マネジメントを覚えることも重要です。

なぜ不安障害の人はうつ病を併発しやすいか?

なぜ、不安障害の人がうつ病を併発しやすいかというと、不安障害の人はストレスを抱えやすいからです。

不安を日常的に抱えているので、慢性的にストレスに悩まされ、ストレス・ホルモンの持続的分泌から、副腎疲労になりやすくなります。

また、不安の感情を抑えたり、不安に悩まされることで、心のエネルギーも消費します。

心のエネルギーが枯渇することで、うつ状態になります。

この時期は、十分な栄養と休養が必要になります。

うつ状態のときに大切なこと

この時期はあまり情報を取り入れない方がよいです。

情報がたくさんある状態もエネルギーを消耗することが分かっています。

ここで回復を妨げるのは、「がんばらなければいけない」というビリーフです。

真面目な人、完璧主義な人、責任感が強い人が特に持っています。

「がんばらなければいけない」というのが強いと、ゆっくり休むことができません。
がんばりたくてもがんばれない自分を責めます。
責める思考がますます心のエネルギーを奪うことになり、悪循環です。

そのため、「がんばらなければいけない」というビリーフを緩めることもうつ病克服に必要であると考えます。

これらの情報を知っておけば、うつ病は決して怖いものではありません。

うつ状態は早期に適切な対象をすれば早期に回復する

早期であれば、適切に対応すれば早期に回復します。

風邪と一緒で、休養すれば治ります。

でも、風邪をずっと我慢してこじらせると、大病になります。

それが、本当の意味の「うつ病」であり、脳が委縮した状態にまでなると、回復が非常に難しくなるのです。

なので、適切な知識を学んでおくことが必要です。

休養で風邪が治ったからといって、無理をするとまた風邪になってしまうように、また同じような生活をしていれば、またうつになります。
うつが風邪と違うのは、免疫ができない点です。

これまでの生活や考え方を見直す

原因となるストレスを除去するとともに、これまでの生活や考え方を見直す必要があります。

また、うつ病の人の中には、自分自身よりも他人を優先させてきた人が多く見られます。

他者の目、意見、評価を気にして、自分自身のニーズを二の次にしています。

そのため、あるとき我慢の限界が来たり、抑圧された怒りや悲しみなどの感情が心身に影響を及ぼし、うつに結びついているケースがよく見られます。

罪悪感、自己否定に苦しんでいる人はとても多いです。

いかに自分自身に優しく、そのままの自分を肯定できるようになるかが重要なカギを握ります。

次は不安障害の克服(治療)法をご覧ください

不安障害の克服(治療)法

2015.07.28

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら