トラウマとは

トラウマとは

PTSDの原因

急性ストレス障害やPTSD(心的外傷後ストレス障害)の原因は、命を脅かされるような精神的衝撃であり、それが心的外傷(トラウマ)となります。

トラウマとは

トラウマとは、大きな精神的ショックや恐怖が原因で起きる心の傷ですが、精神医学的にはとても定義が難しいものです。

「今日サッカーのシュート外したのがトラウマになっちゃってさ…」

などのように、現状に尾を引いているストレスという意味で使われることがよくありますが、急性ストレス障害、PTSD発症レベルのトラウマはそのような軽いものではなく、極めて強い精神的ストレスといえます。

疾病の原因となるトラウマ

メタヘルスでは次のUDIN(ユディン)を満たしたときにエネルギーがフリーズされ、疾病の原因になるとされています。

  • 1. Unexpected…予期せぬショック
  • 2. Dramatic…強烈なショック
  • 3. Isolating…孤立無援のショック
  • 4. No Strategy…なす術がないショック

仮に、戦争で地雷を踏んで足が吹っ飛んだとしましょう。

予期せぬショックであり、強烈なショックです。

しかし、近くに仲間がいて、必死になって、治療のサポートをしてくれたとします。そして、励ましてくれたとしましょう。

すると、孤立無援のショックは満たしません。

その場合は疾病の原因となるようなトラウマにはならないのです。

命を脅かすことではなくても同様のトラウマになる可能性はあります。

たとえば、急に職場を首になったとします。

予期せぬことで、強烈なショックを受けます。

職場の誰も助けてくれず、家族や友人のサポートもなければ、孤立無援です。

また、理由があって雇用法などを盾にすることもできず、何も手を打つこともできなければ、なす術がないショックにも当てはまります。

すると、UDINを満たすので、疾病の原因となるトラウマとなるのです。

UDINを満たしたトラウマはどう影響を及ぼすか

UDINを満たしたショックを受けると、身体の防衛反応としてエネルギーを閉じ込めます。

情報(記憶、五感で感じたもの、感情)を閉じ込めるのです。

そのショックに精神が耐えられないため、情報を隔離します。

日を改めて、それを処理・解消しようとします。

あまりにショックが大きく、意識の深いところへ情報を隔離した場合、記憶喪失となります。

レイプされたことを覚えていないというような状況が起こります。

この隔離された情報は、完全に他と分離することはできません。

そのため、似たような状況が起こると、その隔離された情報が連想されます。

その情報には、対処できないほどの強烈な感情、苦しみがあるため、ひどく苦しむことになります。

トラウマの再体験を恐れ、似たようなことを避けます。

たとえば、性的虐待を受けたとしたら、男性から逃げるとか、性行為を拒否するとか、あるいは性的虐待をした人と似たような特徴の人を拒絶するとかです。

これが恐怖症です。

隔離した情報は、年月が経ってもそのままあります。

急性ストレス障害、PTSDの場合は、トラウマの感情が処理できず、強烈な感情がそのまま残っており、追体験(フラッシュバック)や神経が高ぶるなどの過覚醒が起こります。

追体験するのは身体の治癒機能!?

追体験するのは、実は身体の治癒機能ではないかと考えています。

トラウマになるというのはその人の心のキャパシティを超えたショックが起こったためです。

ショックが大きすぎて感情が処理できずに残っています。

その処理できない感情をどうにか処理しようと追体験して、少しずつ処理しようとしているのではないかと推測します。

本当の恐怖に向き合う

処理に必要なことは、感情と向き合うことです。

恐怖の感情に向き合うことができれば、トラウマ時の感情を処理することができ、追体験や過覚醒はなくなります。

ところが、トラウマの恐怖に直面することに恐がることで、本当の恐怖に向き合わず、二次的な恐怖に直面することになります。

そして、本当の恐怖に向き合うことを回避し続けることで、恐怖がどんどん大きくなります。

急性ストレス障害の場合は、恐怖の処理プロセスが4週間以内で終わり、PTSDは処理できずに回避し続けているものではないかと捉えています。

次にトラウマの種類について見ていきましょう。

大きなトラウマと小さなトラウマ

2015.07.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら