トラウマは莫大なエネルギーを抱え続けているということ

trauma2

トラウマとは?

トラウマとは、自我の自己防衛メカニズムの限界を超えた精神的衝撃です。

トラウマとは

2015.07.29
普通に生じる精神的苦痛、たとえば、友達とケンカしたとか、会社で怒られたとか、ミスをしたとか、そういうことであれば、自我の自己防衛メカニズムが働き、苦痛を抑圧します。

自分を励ますような思考が湧いてきたり、何らかの快楽や刺激で苦痛を紛らわしたり、別の何かにエネルギーを注いだり、そういったことで忘れられます。

しかし、そういった類のものではどうにもならないような精神的衝撃(これがトラウマ)を受けると、その情報を丸ごと隔離することでその場を何とか機能させます。

情報とは、その状況の視覚イメージ、臭い、音、体感覚、感情、思いなどがすべて含まれたものです。

感情だけを強く抑圧するケースもあります

トラウマ処理は最悪を逃れるための止むを得ない策

但し、これはあくまで生命の危機を脱するために取った最悪を免れるための止むを得ない策であり、副作用が非常に大きいです。

早期で現れる場合は急性ストレス障害、PTSDといった症状になります。

いったん、落ち着いたとしても、そのトラウマを解消しない限り、何らかの副作用が常にあります。

トラウマは莫大なエネルギー

トラウマというのは莫大なエネルギーです。

隔離するにもエネルギーが必要

そのエネルギーをどこかに隔離するには、それだけ別のエネルギーが必要です。

トラウマを抑えるためだけに日常的にエネルギーを使うことになり、慢性的なパワー不足や疲労感に襲われます。

トラウマを処理しようとするメカニズム

また、トラウマをどこかで解消しようとするメカニズムがあり、何らかの不快感が浮上してくることがあります。夢は感情処理機能があると言われており、悪夢を見るのはそのメカニズムだと思われます。

日常生活でもトラウマを連想させるようなものを無意識に避けるため、何らかの支障が生じます。

トラウマ解消法

トラウマを解消するとき、私はEFTやマトリックス・リインプリンティングというテクニックを使います。

急性ストレス障害の克服法(EFT,MR)

2015.08.02

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の克服法(EFT,MR)

2015.08.05
トラウマのシーンの感情・感覚のエネルギーを解放することで、トラウマが無効化されます。

トラウマワークは相当のエネルギーを使う

このトラウマのワークは相当なエネルギーを使います。
そのためかなりの体力を消耗します。
ワークが終わった後は、皆さん、かなり疲れています。
こんなにもすごいエネルギーを抱えていたことに驚かれます。

うつ状態でエネルギー不足のときはトラウマワークは基本的にNGです

トラウマは早く解消するに限る

トラウマは身体の中に爆弾を抱えているようなものだと思います。
早く処理するに越したことはありません。

幸いにも心の傷は癒すことができます。
どんなつらい出来事だろうが、乗り越えることができます。

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら