男性恐怖症の症状と原因、克服法について

対人恐怖症の一つである男性恐怖症の症状と原因、克服法について書いています。

男性恐怖症とは

男性恐怖症とは、男性に触れられること、男性と話すことや男性と一緒にいることへの恐怖を感じる症状です。

対人恐怖症の一つです。

まれに男性にも起こりますが、多くは女性に現れる恐怖症です。

男性全般に恐怖を感じるケースもあれば、特定のタイプの男性に対して恐怖を感じるケースがあります。

特定のタイプの男性に対して嫌悪感を感じ、恐怖を感じるケースだけではなく、特定のタイプの男性に対して、緊張し、あがり症のような症状を感じるケースもあります。

男性恐怖症の症状

恐怖症が起こる状態に置かれると、身体の症状に変化が起きます。

動悸がする、赤面する、手足が震える、汗をかく、緊張する、声が変わる、頭が真っ白になる、息苦しくなる、めまいがする、尿意、口の渇き、パニックになどの症状が現れます。

男性恐怖症の原因

対人恐怖症の原因もご参照ください。

多くはトラウマが原因となっています。

  • 性的被害
  • 父親や男の兄弟からの虐待
  • 男の子からのいじめ

などが考えられます。

どういうタイプの男性に対して、恐怖を感じるかは、そのときのトラウマの体験や対象によります。

男性という大きな共通点で恐怖が現れる場合は、男性全般に対する恐怖症になりますし、ある特徴(顔の特徴とか年齢など)で恐怖が現れる場合は、特定のタイプの男性に対する恐怖症になります。

好きな人の前で極度に緊張するケース

また、男性を意識する恐怖症もあります。

たとえば、好きな人の前で緊張した経験は誰しもあるでしょう。

その緊張が極端に大きい場合、恐怖症になってしまいます。

その場合、自分の何かを見せたくないケースがあります。

たとえば、自分は暗いと思っていて、そんな自分はダメだと思っていたとします。

好きなタイプの人は明るい女性を好きだと(勝手に)思っていて、暗い自分がばれたら相手に嫌われてしまうと思うので、素でふるまえなくなります。

自分に魅力がないと思っていたり、嫌な自分の要素がたくさんあるほど、そして強く抑圧しているほど、恥や嫌われることを恐れるでしょう。

男性恐怖症の克服法

男性に対して嫌悪感、恐怖を感じる恐怖症も、男性を意識して緊張する恐怖症もいずれも、EFTやマトリックス・リインプリンティングを使った克服法がオススメです。

男性に対して嫌悪感を感じるケースは、トラウマを特定し、トラウマ時の嫌な感情や感覚を解放していきます。マトリックス・リインプリンティングが適しています。

トラウマを癒せば克服できる

トラウマがなくなれば、恐怖症もなくなります。

トラウマが一つのケースや複数のケースがあるので、恐怖症を克服できる期間は一概には言えません。

好みの男性を意識して緊張するケースの克服

好きな男性を意識して緊張するケースは、原因を探る必要がありますが、もし、原因が自分の魅力のなさに起因している場合は、「私は魅力がない」と信じているビリーフを緩めていきます。

具体的には、魅力がないと信じることにつながったエピソードをマトリックス・リインプリンティングで書き換えていきます。

自分の中の嫌な要素が少なくなれば、自分に対する恥や嫌悪感も減るので、より自分を出せるようになり、緊張は少なくなります。

また、自然に自分に対する自信もつくので、異性に対して積極的になれるようになります。

セッションを受ける上での注意点

このサイトを運営している私は男性のため、私のセッションを受けるには注意が必要です。

全般的に男性が恐い人は私のセッションも受けることができないと思いますし、恐怖を感じながらセッションを受けても効果はありません。

そのため、女性のセラピストからセッションを受けることをオススメします。

ただし、男性恐怖症といっても、症状は様々です。

特定の要素の男性に恐怖を覚えるケースや好きな人の前ではあがってしまうケースなどの場合は、男性セラピストの私でも(私がその特定の要素に該当していなければですが)セッションできますし、過去にもセッションで男性恐怖症の克服サポートをした経験がありますので、十分サポートできます。

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら