女性恐怖症の症状と原因、克服法について

対人恐怖症の一つである女性恐怖症の症状と原因、克服法について書いています。

女性恐怖症とは

女性恐怖症とは、女性と話すことや一緒にいることへの恐怖を感じる症状です。

そのため、女性との交流を避けるようになります。

対人恐怖症の一つです。

まれに女性にも起こりますが、多くは男性に現れる恐怖症です。

特定のタイプの女性に恐怖を感じるケースもあれば、女性全般に恐怖を感じるケースもあります。

また、1対1では平気でも、複数になると居心地の悪さを感じるケースもあります。

緊張し、赤面したり、あがり症のような症状が出たりします。

女性恐怖症の症状

恐怖症が起こる状態に置かれると、身体の症状に変化が起きます。

動悸がする、赤面する、手足が震える、汗をかく、緊張する、声が変わる、頭が真っ白になる、息苦しくなる、めまいがする、尿意、口の渇き、パニックになどの症状が現れます。

女性恐怖症の原因

対人恐怖症の原因もご参照ください。

女性が、女性に対して恐怖を感じる場合は、トラウマが原因であることが多いと言われています。

虐待やいじめなどが原因として考えられます。

また、特定のタイプの女性に対して、恐怖を感じるかはそのときのトラウマの体験や対象によります。

トラウマ時の記憶とリンクする対象に対して、恐怖を覚えます。

男性が女性に対して恐怖を感じる場合も、トラウマのケースがあります。

  • 母親や女のきょうだいからの虐待
  • 性的被害
  • 小さいときに女の子からいじめをうけた

女性を意識しすぎるケース

別のケースとしては、女性を意識しすぎるケースです。

女性と接するのが恥ずかしく、あがってしまい、あがることが恐いので、女性と接することを避けます。

元々、恥ずかしがり屋の性格の男性が、思春期に長く男子校で、女性にほとんど接する機会がない場合に起こるケースがあります。

ちなみに、私も中高男子校で、女性に対する免疫がほとんどなく、女性と話すのが苦手でした。特に集団対私一人の場面は、何を話していいか分からず、あがっていました。

自分を見せるのが恥ずかしい場合、自己価値の低さと関連するケースがあります。

本当の自分がバレたくない、バカにされたくない、見下されたくない、批判されたくない、無視されたくないなど、傷つくのを避けるために、「あがり」という症状を身体が起こしている場合があります。

女性恐怖症の克服法

女性恐怖症の原因がトラウマの場合も、恥ずかしさの場合も、いずれもEFTやマトリックス・リインプリンティングを使った克服法がオススメです。

特にトラウマの場合は、早期の克服が見込めます。

女性を意識して、恥ずかしく、緊張するケースは、大きく自己価値に起因していますが、特に自分の何をダメだと思い、何が(良い orダメであるか)がより重要だと思っているかを特定する必要があります。

そして、そのビリーフを緩めていきます。

たとえば、「自分は面白くない」ということを特にダメであると思っており、そのせいで女性と話すことができない(女性から面白くないと思われることに自己価値の既存が激しい)場合、そのビリーフを緩めていきます。

そのビリーフが形成されたエピソードをマトリックス・リインプリンティングで書き換えてきます。

そして、この例では、自分が面白くなくても特にどうでもよくなるになります。

そうなると、自分がダメだと思っているものを出しても平気になるため、女性恐怖症は克服できます。

なので、自分がダメだと思っているものが多ければ多いほど、克服に時間を要します。

自分に対するダメ出しが減るほど、自分に自信がつくので、女性に対してもより積極的になれるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら