急性ストレス障害の克服法(EFT,MR)

EFT、Matrix Reimprintingとは

私がトラウマ克服のために使っている心理療法はEFTとMatrix Reimprinting(マトリックス・リインプリンティング:MR)です。

基本的にはマトリックス・リインプリンティングのほうが早いのでこちらを使っています。

それぞれどういうふうなことをやるか説明します。

EFTを使ったトラウマの克服

まず、EFTですがEFTについての説明はこちら「EFT(感情解放テクニック)」をご覧ください。

EFTのやり方については、こちら「EFTのやり方」をご覧ください。

簡単に言えば、感情を感じている状態で、東洋医学の経穴(ツボ)を指でトントン叩く(タッピング)ことで感情解放が起きるというものです。

記憶にはシーン(イメージ)と感情(感覚)の2つがくっついている

記憶にはシーン(イメージ、場面、思考)と感情・感覚の2つがあります。

シーンを思い出すと、感情(体感覚も)が起こります。

その感情をタッピングによって流していきます。

急性ストレス障害ではトラウマのシーンを直接思い出すことはしない

通常のシーンでは直接そのシーンを思い出してもらうことになりますが、急性ストレス障害やPTSDは思い出すことに耐えられないため、こっそり近づくテクニックを用いて取り組みます。

  • トラウマに向き合うこと自体に耐えられない場合は、向き合いたくない感情を先に解放します。
  • 思い出すのが怖すぎて感情すら分からない場合は、今の身体の緊張から解放していきます。
  • 具体的なトラウマに向き合うのではなく、まずは漠然とした不快感から取り組んでいきます。

さらに、ムービーテクニックといわれる方法で、トラウマが起こったときからさかのぼって少しずつ話してもらい、感情が生じたらEFTを行って解放し、徐々に話してもらいながらトラウマのシーンに向かっていく方法を取ります。

トラウマのワークは1回の時間がかかる

通常のEFTセッションに比べてかなり長い時間がかかります。

そのため、たっぷりとセッション時間を取る必要があります。

トラウマの場合は、途中で止めるのは酷なので、十分な時間を取ってワークする必要があります。

1回のセッションで十分解放できていない場合はあまり日にちを空けずに続きのセッションをした方がよいでしょう。

トラウマワークはかなり体力を使う

エネルギーワークはかなり体力を使います。

トラウマ時の莫大なエネルギーを解放するのは、クライアント本人に体力がなければ難しいです。

そのため、エネルギーレベルが低下しているうつのときにトラウマ克服のワークをすることはどんな心理療法であっても避けるべきでしょう。

マトリックス・リインプリンティングを使ったトラウマの克服

次はMRでのトラウマ克服のやり方です。

MRについての説明はこちら「Matrix Reimprinting(マトリックス・リインプリンティング)」をご覧ください。

EFTとの違い

EFTとのおもな違いは、EFTは自分自身をタッピングするのに対し、MRはイメージ上の自分自身を別のイメージの自分自身でタッピングしていきます。

自分自身ではないこともあります。

強烈なストレスで衝撃を受けているシーンの自分自身にイメージの中で会って、タッピングしてその時受けた感情を丹念に解放していきます。

MRでも直接のトラウマシーンを思い出させない

EFT同様に、MRでも通常では直接そのシーンを思い出してもらうことになりますが、急性ストレス障害やPTSDは思い出すことに耐えられないため、いきなりそのシーンをワークすることはしません。

通常は、ストレスで衝撃を受けたときよりも後のシーンの自分をタッピングし、そのときの感情を解放したあとで、トラウマ形成時のシーンに移動します。

そのとき先のMRで手助けとなったサポートツールやサポーターを率いてそのシーンに向かうことになります。

この辺はMRを習った人でなければ分からないと思いますが、要は安心してトラウマのシーンに向き合えるということです。

EFTに比べてステップが短く、解放が早いのでMRを知っていれば、EFTは使わずにMRを使うことになると思います。

トラウマの感情・感覚を癒せばトラウマは無効化できる

トラウマ時の感情を十分に解放すれば、トラウマは無効化されるので急性ストレス障害、PTSDの症状が出ることはありません。

但し、トラウマは無力化しても予期不安が残っていれば、引き続きそこをワークする必要はあります。

通常は予期不安も消えていることが多いです。

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら