ストレス障害の症状と種類

ストレス障害とは

ストレス障害とは、不安障害の一つで、ストレスにさらされた後、うつや不安、恐怖などに悩まされる症状です。

ストレスにさらされた後、症状の発症時期や持続期間などで

  • 「急性ストレス障害」
  • 「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」
  • 「適応障害」

の3つに大きく分類されます。

ストレス障害の種類

急性ストレス障害 PTSD 適応障害
発症 ストレス体験直後
(4週間以内)
ストレス体験後3か月以内 ストレス体験後3か月以内
経過 2日間~4週間 1か月以上。多くの場合1年以上。 ストレス終結後の6か月以内
ストレスの性質 極度のストレス 極度のストレス あらゆるストレス
症状 追体験(フラッシュバック)、回避行動、過覚醒 追体験(フラッシュバック)、回避・麻痺行動、興奮・過敏反応 うつ、不安、行為障害
基本的に急性ストレス障害とPTSDの違いは、持続期間です。
急性ストレス障害はストレス体験から1か月以内に治まりますが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)は長期にわたって症状が続きます。
簡単に言えば、急性ストレス障害とPTSDの原因はトラウマであり、適応障害の原因はストレスです。

個別に見ていきましょう。

急性ストレス障害

急性ストレス障害の原因は極度のストレスを生じさせる出来事です。

命の安全が脅かされる出来事、災害や事故、犯罪や虐待、テロや戦争などによって強い精神的衝撃を受けることが原因となります。

そのときの強い精神的衝撃が、心的外傷であり、いわゆるトラウマと呼ばれるものです。

症状は、追体験、回避行動、過覚醒があります。

追体験(フラッシュバック)

追体験(フラッシュバック)は、トラウマの原因となった出来事が蘇って、繰り返し記憶に出ます。悪夢を見ることもよくあります。

回避行動

そのため、回避行動に出ます。トラウマ体験を思い出させることに結びつくようなことを可能な限り避けます。

また、精神的に回避するために、トラウマの記憶をなくしたり、感情を麻痺させます。うつ病の症状もよく見られます。罪悪感を抱くこともよくあります。

過覚醒

そして、危険な兆候に絶えず気を配るなど、神経が高ぶった状態が続き、不眠や不安などが強く現れる症状も出ます(過覚醒)。

精神面・肉体面の症状

精神的には、不安、過敏反応、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中力の低下などが生じます。
肉体的には、動機、呼吸困難、めまい、身体の凝り、震え、不眠などが生じます。

症状の持続期間

ストレス体験後、1か月以内に症状が始まり、その後2日~1か月以内で治まります。

それ以上続くと、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。

極度のストレスを生じさせる出来事が起こっても、必ずしも急性ストレス障害になるとは限りません。

ある研究によれば、強いトラウマ体験から急性ストレス障害を発症するのは30%~50%と言われています。

また、それからPTSDを発症するケースはそのうちの半数という結果があります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

急性ストレス障害同様、原因は極度のストレスを生じさせる出来事です。

症状は、急性ストレス障害同様です。

急性ストレス障害と違い、短期で治まらないため、より深刻です。

PTSDは、少なくとも8%の人に一生のいずれかの時点で発症します(メルクマニュアル医学百科)。

戦争を体験した退役軍人や性的暴行や暴力の被害者など、心の傷となる出来事を体験した人や目撃した人の多くに、PTSDが生じます。

PTSDの症状の持続期間

PTSDは、追体験、回避行動、過覚醒の症状が1か月以上続き、多くは1年以上続きます。

治療なく過ごした場合でも、1年後には約50%の患者は軽快すると報告されています。

適応障害

急性ストレス障害やPTSDと同様に外的ストレスが原因となって起こるストレス障害の一つです。

急性ストレス障害やPTSDと異なり、生死に関わるような極度のストレスに限らず、家族や職場のトラブルなどの日常的なストレスも原因となります。

社会環境にうまく適応することができないために、精神面、身体面にさまざまな形で現れます。

精神面・肉体面の症状

精神的には、不安、抑うつ、焦燥、過敏、混乱などが生じます。
身体的には、不眠、食欲不振、全身倦怠感、胃炎、頭痛、吐き気、発熱、震えなどが生じます。

女性に多く見られる

男性よりも女性の方が多く、特に独身の女性に多いという報告があります。

適応障害を発症するのは2~8%と推定されています。

適応障害は軽度のうつや新型うつと区別がつきにくい

うつや不安を伴うことが多いため、軽度のうつ病や新型うつ病と区別がつきにくいと言われています。

電話やメールなどに応答せずに人との接触を避けてひきこもるなどの行為障害もあります。

また、ストレスが原因で、アルコールや喫煙、過度の攻撃性によるケンカ、ルール違反、軽度の犯罪を犯すこともあります。

適応障害は、ストレス因子が原因なので、ストレス因子がなくなれば、半年以内に症状がなくなります。

それ以上続く場合は、他のストレス障害や他の不安障害の可能性があります。

次にストレス障害の原因となるトラウマについて見ていきましょう。

トラウマとは

2015.07.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。得意分野は不安・恐怖の悩み(不安障害、対人恐怖症、あがり症、強迫性障害、パニック障害、PTSDなど)、人間関係(恋愛・家族・職場など)の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。公式ブログで分かりやすくこころの仕組みを説明している(無料オンライン講座アリ) プロフィールの詳細はこちら